花嫁と指輪

指輪に込められている意味

プロポーズの時に婚約指輪を男性が女性にプレゼントするというのは映画やドラマでもよく見かけます。結婚指輪は挙式で新郎新婦がお互いの指輪を交換する時に見ます。
婚約指輪と結婚指輪は同じウェディングリングですが、それぞれ込められている意味が違います。

婚約指輪というのは名前の通り婚約の証として男性から女性に贈るものです。結納品のひとつとして使う場合もありますし、結納をしない場合は顔合わせの時などにお披露目する時もあります。
婚約指輪は男性から女性に贈るものでしたが、結婚指輪は結婚の証としてお互いに贈り合います。結婚式で愛を誓った後にお互いの左手の薬指につけあいます。
結婚指輪は男女両方とも使用しますし、長く使い続けるものなので、シンプルなデザインが一般的です。

男性が選ぶ、2人で選ぶ

婚約指輪や結婚指輪は欧州から始まったもので、その風習が日本にも広まり現在でも行われています。
プロポーズの時にサプライズで渡すという時もあれば、2人で購入するという方法もあります。

詳細を確認する

重ねづけ

婚約指輪は婚約している時だけに使う、と思っている女性も多いですが、その考えは間違っています。結婚指輪と一緒に重ね付けをしたり、ファッションとして身に付ける人もいます。

詳細を確認する

結婚指輪はシンプルな形をしているものが多いですが、形によっても与える印象は変わります。
ストレート、V字、ウェーブだ代表的な種類です。ストレートは種類の中でも1番シンプルで男性もつけやすい形です。

詳細を確認する

セッティング

婚約指輪や結婚指輪に欠かすことができないのがダイヤなどの宝石です。宝石の種類は様々ありますが、種類だけではなくセッティングにも多くの種類があるのです。適切なセッティングを行ないましょう。

詳細を確認する